540大豆プロテインがAmazonで販売開始されました

    soy protein powder


    こんにちは、相田です。

    久々の記事になります。

    何時ものことですがネット上で「安価で良いプロテインはないか?」と探している次第です。


    今年に入りAmazonで大豆プロテインを探していましたら、トップページで紹介している540プロジェクト製の大豆プロテインがAmazonで取り扱い開始になったようです。

    そして実際に購入してみて半年程飲んでみて良かったので紹介したいと思います。



    購入したのは、「540ソイプロテイン改 1キログラム」です。

    540ソイプロテイン改_Amazon

    540ソイプロテイン改 1キログラム


    Amazonでは商品本体に大きな文字で商品名が記載されていますが、実際にはこの様な派手な印字は無くごくごく質素です。


    540ソイプロテイン改


    ↑拡大してこんな感じです。

    ほんと必要最小限の表示しかありません。

    分かりやすいと言えば分かりやすいです!


    賞味期限もきちんと余裕がありました。

    もうあと1年くらい余裕があっても・・・と思ったのですが、どうやら見ていると売れ行きが良くて直ぐに品薄になり回転が速いようです


    先ず、皆さんが知りたいのはやはりずばり”価格”ですよね!


    安心してください!

    1,698円(税込)です!!





    それでは以下にレビューしたいと思います。


    乳化剤であるレシチンを含有するため水にさらっと溶けます。

    味も大豆の臭みは一切無く、大変飲みやすいです。


    トップページで紹介しているペプチドタイプと違って、やはり消化・吸収時間は一般の大豆プロテインと同様で2~3時間のようです。


    低血糖症(長引くうつ病)を治すには、血糖値が降下するタイミング、そして最適な量(一般に10g)がポイントとなります。


    ペプチドタイプとは異なり即効性は期待出来ません。

    ですから、「食事と一緒に飲んでいただければ」と思います。
    (厳密に言えば”食後”になります)




    わたくし相田のこのブログを見ている方々から、「プロテインを継続したいのだけれど経済的に負担が掛かってしまう」「牛乳アレルギーだから大豆で安価な商品はありませんか?」といった問い合わせをよくいただきます。


    今回紹介した540の一般的な消化・吸収の大豆プロテインを選んで自分の身体との相性を観ていただけたらと思います。






    あと、少し細かい代謝の話になりますが、三大栄養素が体内で消化吸収されるのに、最終的にはTCAサイクル(クレブス回路)に入りグルグルと回ってエネルギーであるATPを生成します。
    (最後は電子伝達系が絡むのですが話が専門的になるのでここでは省きます)

    その際、必要な栄養素はビタミンB群(ビタミンBコンプレックス)になります。

    なので、プロテインを摂る場合は一緒にビタミンB群を摂ることを忘れないで下さい。


    NOW B-50 250Tablets

    NOW B-50 250タブレット



    Tri-B-100 60Tablets_定期おトク便

    ダグラスラボラトリー Tri-B-100 タイムリリース



    NOW B-50は1粒が50mgですから毎食後に、ダグラスラボのTri-B-100はタイムリリースで徐放性ですから朝・夕食後の2回でOKです。






    あと、最後にちょっとした注意点です。


    今回、安価で良品質の540プロジェクトのプロテインを紹介しましたが、

    やはり低血糖症(長引くうつ病)の治療には、患っている方の大抵は3時間後くらいに血糖値が降下します。
    (これは統計で、個々により降下ポイントは異なります。乱高下される方もおられます。)


    私の経験では”補食”がかなり重要になっていたと考えています。

    食後2時間後にタンパク質性の食べ物を入れてあげる、願わくば即効性のあるものをです。



    540ソイプロテイン改は確かに良い商品ですが、即効性では・な・い欠点も持ち合わせています。


    ですから、グルタミンを食後2時間後に約3g摂っていただければと思います。


    グリコ パワープロダクション アミノ酸プロスペック グルタミンパウダー

    グリコ パワープロダクション アミノ酸プロスペック グルタミンパウダー





    グルタミンはTCAサイクルに直接入り込むことが出来る唯一の”アミノ酸”です。

    直ぐさまエネルギーへと変換されるため低血糖症の患者さんにとっては良き栄養素となります。


    それに加え、最近の研究ではグルタミンは腸の粘膜再生にかなり大きな役割を担っていることも判明しています

    海外の論文を読んでいると、腸粘膜を再生・複製させるためにグルタミン摂取を1日に40gを推奨している程です。

    身体の免疫系のはたらきの8割は腸が担っていると言われています。

    最近は腸活といった言葉もある程です。

    腸は身体の健康の源であり、腸を改善・治療すれば大抵の疾患は完治することが可能と言われています。













    ↓Amazonならあなたの探しものきっと見つかる







    ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート「大」
    あなたを助ける!!ホエイプロテインピュアアイソレート




    ↓クリックしていただけると、とても励みになります。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ  
    にほんブログ村













    コメントの投稿
    非公開コメント

    プロフィール

    相田ヒロキ

    Author:相田ヒロキ
    性別:男
    血液型:A

    大学院修了後、大手外資製薬会社にて安全性管理に関わる仕事に従事。現在、調剤薬局に勤務し日々奮闘中。栄養医学を勉強して10年以上になる。
    スポーツカーをこよなく愛する薬剤師。
    写真は若かりし頃、愛車Z32で伊豆・天城峠にて。

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
    にほんブログ村

    最新記事
    お知らせ
    多事多端な時は、ブログの更新もコメントへの返信も遅れることがありますが、ボチボチとお付き合いください。
    カテゴリ
    原因・低血糖症・栄養療法・サプリメント (2)
    その他おすすめサプリメント (2)
    精神疾患のほとんどが低血糖症 (1)
    低血糖症の記事が朝日新聞に掲載されました! (1)
    AKB岡田奈々さんの告白「機能性低血糖症と診断されました。そこから摂食障害、過食、嘔吐を引き起こしました」 (1)
    低血糖症と精神疾患治療の手引~必携書籍 (1)
    抗うつ剤、子どもや十代の若者らに効果なし~フランスの報告(2016/06/09) (1)
    「うつ病」は薬を売るための病名だった!?実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている「薬漬け社会」のタブーを斬る~ある医師の告発(2016/06/19) (1)
    乱用処方薬トップ5(2015年度)~東京大学などが全国の精神科医療施設を調査・報告書提出 (1)
    睡眠薬や抗不安薬44種類「規定量で薬物依存の恐れ」(2017/03.21) (1)
    過量服薬の原因薬剤トップ10(2016/09/07) (1)
    5-20歳ではSSRI/SNRI/三環系の服薬で糖尿病の発病リスク上昇~米国メリーランド大学が報告 (1)
    治療のためその他の支出をおさえよう (1)
    自分の体の栄養状態を知ろう (1)
    運動は必須です! (2)
    ウォーキングは朝が効果的です! (1)
    食事をきちんと摂っていますか? (1)
    実は…感情を安定化させる基礎処方ってあるんです!うつ・不安・キレるを治す! (1)
    サプリを摂っても改善しないのですが (4)
    食べ方を工夫しよう (1)
    GI値に気を配ろう (1)
    果物の食べ方 (1)
    生活リズム・補食のタイミング (2)
    ストレスに注意! (1)
    カフェインは避けましょう (1)
    アルコールとタバコは止めましょう (1)
    栄養療法は山あり谷あり (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は確かに存在するのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】睡眠障害に対処する (5)
    ①プロテインは最も優れた睡眠薬! (1)
    ②意外と知られていないビタミンB6の脳への作用! (1)
    ③自律神経訓練法 (1)
    ④ヒーリングCD (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法にも弱点がある (1)
    【長引くうつ病改善】過度の糖質制限食はかえって危険 (1)
    【長引くうつ病改善】お菓子は厳禁です! (1)
    【長引くうつ病改善】胃にプロテインが合わない (1)
    【長引くうつ病改善】おならが出ます (1)
    【長引くうつ病改善】腸内環境を整えよう (0)
    【長引くうつ病改善】筋肉をつけよう (0)
    【長引くうつ病改善】身体は改善したがやる気が出ないのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】ストレスに強くなるにはどうすればいいですか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病に認知療法で7割が改善~慶応大学グループが報告(2017/03/27) (1)
    【長引くうつ病改善】漢方薬~柴胡加竜骨牡蠣湯 (2)
    柴胡加竜骨牡蠣湯はAmazonでも購入できますか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は風邪のように"簡単に治る"ものではない (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法の悪徳クリニックに注意! (1)
    【長引くうつ病改善】精神科医を疑え!! (3)
    うつ・認知症・統合失調症の薬の真実~医師が告白「危険な副作用がある。でも病気は治りません」一度ハマったら抜け出せない薬漬け生活(2016/07/11) (1)
    軽症うつが薬は効かない?うつ病治療の落とし穴(2016/07/19) (1)
    【長引くうつ病改善】症状が改善したら甘い物を食べてもいいですか? (1)
    うつ病と誤診されやすい疾患 (1)
    【長引くうつ病改善】副腎疲労とは何ですか? (1)
    食べ物 (1)
    プロテイン (1)
    諸症状 (2)
    運動 (1)
    漢方薬 (2)
    ご質問のコーナー (5)
    うつ病ニュース (2)
    お知らせ・その他 (4)
    Ad
    月別アーカイブ
    ご訪問者数
    FC2カウンター
    いつもお待ちしております
    あなたを助けるプロテイン!
    必携書籍
    良質安価なプロテイン!
    かしこく買取!
    amazon.co.jp
    ★amazon.co.jp★
    楽天
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ブロとも申請フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    広告