上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    こんにちは、相田です。

    今回のタイトルは皆さんが服用されているかもしれない(わたくし相田も服用していた・・・)薬剤で、特に乱用が問題になっているものの記事を「YOMIURI ONLINE yomiDr.」から紹介します。

    2015年度判なので最新ではありませんがかなり参考になります。

    今一度、自分が服用している処方薬と照らしあせてみて下さい。






    先日、興味深い報告があったので、睡眠薬・抗不安薬の負の側面を引き続き取り上げる。前回は、規定量でも長く飲むと生じかねない様々な問題を指摘したが、今回は、医療機関の受診をきっかけに引き起こされる処方薬乱用の問題を考えてみたい。

    下記のリストを見ていただきたい。覚醒剤や危険ドラッグの使用者を含む薬物関連精神疾患(急性中毒、有害な使用、依存症、精神病性障害など)の患者が、乱用した経験がある処方薬トップ5を示している。
    不適切な使用を招きやすい処方薬トップ5と言い換えることもできる。
    国立精神・神経医療研究センターや東京大学などの研究者が、厚生労働省科学研究費補助金を受けて2014年に行った「全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査」の最新報告書から抜き出してみた。





    この調査は、薬物関連の精神疾患を患い、精神科病床のある全国の病院で通院か入院の治療を受ける1579症例を分析した。担当医が患者を面接して回答。その結果、患者が主に使用する薬物は、覚醒剤、危険ドラッグ、処方薬(睡眠薬・抗不安薬)、有機溶剤、大麻の順で多く、乱用経験がある処方薬は、リストの順位となった。調査をまとめた国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の精神科医、松本俊彦さんは「以前から問題が指摘されていた薬ばかりで、ほぼ不動のトップ5といえる。薬物乱用者の間では、これらの薬は『ブランド化』している」と話す。




    デパス 120例
    サイレース・ロヒプノール 101例
    ハルシオン 95例
    マイスリー 53例
    ベゲタミン 48例












    1位のエチゾラム(商品名:デパス、チエノジアゼピン系)は、ベンゾジアゼピン系のような依存性が知られている。適量を、使用期間を決めて処方すれば問題は避けられるはずだが、漫然、安易な投薬が事態を深刻化させている。この種の薬の影響は個人差が大きく、悪影響が出にくい患者がいる一方で、「(この薬を飲むと)何とも言えないふわふわした感じになり、苦しさを忘れられる」などとして、不適切使用を続ける人もいる。一時的であっても現実逃避したいという欲求から、乱用する人がいるのだ。

     エチゾラムの適用症は、神経症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害をはじめ、うつ病による不安、緊張、睡眠障害、さらに頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛における筋緊張や抑うつなど数多く、後発品の多さもあって、日本では頻繁に処方されている。調査報告書は「この薬剤は向精神薬指定がなされていないために長期処方が可能であることから、(中略)きわめて入手が容易である」「すべての診療科の医師に対して注意を喚起する必要がある」としている。海外ではあまり使われない薬なので問題が国際化せず、向精神薬指定が行われていないのだが、早急な対策が必要だろう。

     2位のフルニトラゼパム(商品名:サイレース・ロヒプノール、ベンゾジアゼピン系)は、「デート・レイプ・ドラッグ」(飲ませて昏睡こんすい状態にして性的暴行を行う)として知られ、厳しい規制をかけている国が多い。米国などへは、海外旅行で持ち込もうとすると罰せられる恐れがある。

    3位のトリアゾラム(商品名:ハルシオン、ベンゾジアゼピン系)は、依存性が以前から知られている。日本でもこの薬の催眠作用を悪用した事件が起こっている。

    4位のゾルピデム(商品名:マイスリー、非ベンゾジアゼピン系)も習慣性が以前から指摘され、「麻薬及び向精神薬取締法」の向精神薬指定を受けている。

    5位のベゲタミンは、抗精神病薬のクロルプロマジンと、睡眠薬や抗てんかん薬として使われるフェノバルビタール、さらに抗ヒスタミン作用があるプロメタジンを合わせた配合薬。1957年に発売された古い薬で、日本だけで使われている。鎮静作用の強さから「飲む拘束衣」などの呼び名があり、過量服薬すると死亡する恐れがある。この薬を多く飲んで長く意識を失い、筋肉の一部が壊れて血中に溶け出す横紋筋融解症を起こして死にかけた人を複数取材し、記事にしたこともある。


     このような危険性から、ベゲタミンは処方しない医療機関が増えているのに、現在もランキング5位に入るのは不思議だ。薬一辺倒の治療で睡眠障害がこじれ、処方薬依存に陥り、だめ押しのようにベゲタミンが処方される。仕事ができなくなって生活保護に追い込まれ、過量服薬して我を忘れる。私が取材したケースは、みな同じような経緯を辿たどっていた。不適切な治療が、社会的損失を増大させている。

     薬物関連精神疾患の治療の実際や課題は、医療ルネサンスの「薬物依存」(2012年12月)や「処方薬への依存」(2013年8月)などを参考にしていただきたい。もし体が空けば、改めて詳しく取り上げたいテーマでもある。




    【患者の85%が精神科で乱用薬入手】

     覚醒剤や危険ドラッグを含む薬物問題では、使用する側も批判されがちだが、処方薬の不適切使用の多くは、医師の安易な処方から始まっていることを忘れてはならない。医師の「薬物処方依存症」を社会の力で「治療」しなければ、問題は解決しないのだ。

     今回の調査では、過去1年以内に主に処方薬を乱用した患者の85%が、精神科医療機関で乱用目的の薬を入手したことも分かった。薬物関連の精神疾患を見抜けず、病気を更に悪化させる薬を処方してしまうのが、他ならぬ精神疾患治療の専門家だというのだから病根は深い。

     2010年と2012年の同様の調査でも、精神科での入手率は約75%と報告されており、「乱用薬は内科医などが出している」との精神科医の言い分は通じなくなった。最近は適正処方の機運が高まったはずなのに、今回、更に10ポイントも上昇したのはなぜか。内科などの診療科が睡眠薬や抗不安薬の処方に慎重になる一方で、精神科は相変わらずの処方を続けているということなのか。研究者らは調査報告書で「この数年のうちにマスメディアによる薬物療法に偏向したわが国の精神科医療批判、あるいは、厚生労働省によって2014年10月より実施されている、3剤以上の睡眠薬・抗不安薬処方制限などがあったことを考えると、今回の調査結果は意外であった」と嘆いている。

     不安や不眠などのよくある不調で精神科に通ううちに、薬漬けにされ、処方薬が原因の精神疾患に陥っていく。そうしたマイナスの流れが弱まるどころか、強まったようにも見える今回の結果には慄然りつぜんとする。調査報告書は「精神科治療において安易に睡眠薬・抗不安薬を処方しないように、引き続き啓発に努めていく必要があろう」と、この項目を締めくくっているが、馬耳東風の精神科医たちを、どうしたら啓発できるのだろうか。

    (YOMIURI ONLINE yomiDrより)















    それでは少し補足していきましょう。

    1位のデパスは上記にもあるように整形の分野で頻繁に処方されています。私が調剤薬局勤務で経験したのは、肩こりのひどい患者さんに医師がデパスを処方していました。
    その患者さんは薬剤に比較的詳しい方で、「どうして私が抗不安薬なんか飲まなきゃいけないの!!」と怒ってられていました。

    デパスは抗不安作用が主作用ですが、副作用に「筋弛緩作用」があります、この副作用を利用して整形でよく処方されるのです。
    この筋弛緩作用が強く出られる方が、夜中に起きてトイレに行くとき、「転倒」といったケースはよくあります。
    上記にもありますように、安易に処方する医師は多いのが現状です。


    2位のサイレース・ロヒプノールの一般名称はフルニトラゼパムです。
    「デート・レイプ・ドラッグ」として有名でよく海外の映画・ドラマに出てくる薬剤です。
    ちなみに、米国への持ち込み禁止で、100mg以上所持で懲役3年以下の刑を受けますのでご注意を(つまり2mg錠であれば50錠[25日分]所持でアウトとゆうことになります)。


    3位のハルシオンは依存性および乱用問題ゆえに英国はとうの昔に発売停止処分を受けています


    5位のベゲタミンに関しては最近、塩野義が今年を以て販売中止を発表しました(塩野義WEBサイト)。
    その理由は、日本精神神経医学学会が塩野義に対し、「薬物乱用防止の観点からの販売中止」の要望を提起したためです。




    本当のうつ病であっても、また低血糖症であっても主症状は睡眠障害です。

    ゆえに、上記の乱用薬物に手を出しがちになってしまいます(睡眠障害を訴えただけで医者が安易に処方してしまう)。

    本ブログで紹介している睡眠改善法をぜひとも試してみてください(カテゴリー:睡眠障害に対処する)。

    特に、自律神経訓練法は有効です。

    (記事:もう睡眠薬はいらない!?自律神経訓練法&ヒーリング音楽で入眠・熟眠度アップ!


    「乱用・中毒には要注意!薬剤とは上手く付き合っていく・・・」、そういった心構えが必要だと、科目にかかわらず善意ある医師達は訴えているのです。










    ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート「大」
    あなたを助ける!!ホエイプロテインピュアアイソレート




    ↓Amazonならあなたの探しものきっと見つかる





    ↓クリックしていただけると、とても励みになります。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ  
    にほんブログ村






















    スポンサーサイト
    プロフィール

    相田ヒロキ

    Author:相田ヒロキ
    性別:男
    血液型:A

    大学院修了後、大手外資製薬会社にて安全性管理に関わる仕事に従事。現在、調剤薬局に勤務し日々奮闘中。栄養医学を勉強して10年以上になる。
    スポーツカーをこよなく愛する薬剤師。
    写真は若かりし頃、愛車Z32で伊豆・天城峠にて。

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
    にほんブログ村

    最新記事
    お知らせ
    多事多端な時は、ブログの更新もコメントへの返信も遅れることがありますが、ボチボチとお付き合いください。
    カテゴリ
    原因・低血糖症・栄養療法・サプリメント (2)
    その他おすすめサプリメント (2)
    精神疾患のほとんどが低血糖症 (1)
    低血糖症の記事が朝日新聞に掲載されました! (1)
    AKB岡田奈々さんの告白「機能性低血糖症と診断されました。そこから摂食障害、過食、嘔吐を引き起こしました」 (1)
    低血糖症と精神疾患治療の手引~必携書籍 (1)
    抗うつ剤、子どもや十代の若者らに効果なし~フランスの報告(2016/06/09) (1)
    「うつ病」は薬を売るための病名だった!?実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている「薬漬け社会」のタブーを斬る~ある医師の告発(2016/06/19) (1)
    乱用処方薬トップ5(2015年度)~東京大学などが全国の精神科医療施設を調査・報告書提出 (1)
    睡眠薬や抗不安薬44種類「規定量で薬物依存の恐れ」(2017/03.21) (1)
    過量服薬の原因薬剤トップ10(2016/09/07) (1)
    5-20歳ではSSRI/SNRI/三環系の服薬で糖尿病の発病リスク上昇~米国メリーランド大学が報告 (1)
    治療のためその他の支出をおさえよう (1)
    自分の体の栄養状態を知ろう (1)
    運動は必須です! (2)
    ウォーキングは朝が効果的です! (1)
    食事をきちんと摂っていますか? (1)
    実は…感情を安定化させる基礎処方ってあるんです!うつ・不安・キレるを治す! (1)
    サプリを摂っても改善しないのですが (4)
    食べ方を工夫しよう (1)
    GI値に気を配ろう (1)
    果物の食べ方 (1)
    生活リズム・補食のタイミング (2)
    ストレスに注意! (1)
    カフェインは避けましょう (1)
    アルコールとタバコは止めましょう (1)
    栄養療法は山あり谷あり (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は確かに存在するのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】睡眠障害に対処する (5)
    ①プロテインは最も優れた睡眠薬! (1)
    ②意外と知られていないビタミンB6の脳への作用! (1)
    ③自律神経訓練法 (1)
    ④ヒーリングCD (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法にも弱点がある (1)
    【長引くうつ病改善】過度の糖質制限食はかえって危険 (1)
    【長引くうつ病改善】お菓子は厳禁です! (1)
    【長引くうつ病改善】胃にプロテインが合わない (1)
    【長引くうつ病改善】おならが出ます (1)
    【長引くうつ病改善】腸内環境を整えよう (0)
    【長引くうつ病改善】筋肉をつけよう (0)
    【長引くうつ病改善】身体は改善したがやる気が出ないのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】ストレスに強くなるにはどうすればいいですか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病に認知療法で7割が改善~慶応大学グループが報告(2017/03/27) (1)
    【長引くうつ病改善】漢方薬~柴胡加竜骨牡蠣湯 (2)
    柴胡加竜骨牡蠣湯はAmazonでも購入できますか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は風邪のように"簡単に治る"ものではない (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法の悪徳クリニックに注意! (1)
    【長引くうつ病改善】精神科医を疑え!! (3)
    うつ・認知症・統合失調症の薬の真実~医師が告白「危険な副作用がある。でも病気は治りません」一度ハマったら抜け出せない薬漬け生活(2016/07/11) (1)
    軽症うつが薬は効かない?うつ病治療の落とし穴(2016/07/19) (1)
    【長引くうつ病改善】症状が改善したら甘い物を食べてもいいですか? (1)
    うつ病と誤診されやすい疾患 (1)
    【長引くうつ病改善】副腎疲労とは何ですか? (1)
    食べ物 (1)
    プロテイン (1)
    諸症状 (2)
    運動 (1)
    漢方薬 (2)
    ご質問のコーナー (5)
    うつ病ニュース (2)
    お知らせ・その他 (4)
    Ad
    月別アーカイブ
    ご訪問者数
    FC2カウンター
    いつもお待ちしております
    あなたを助けるプロテイン!
    必携書籍
    良質安価なプロテイン!
    かしこく買取!
    amazon.co.jp
    ★amazon.co.jp★
    楽天
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ブロとも申請フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    広告
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。