先日、まあかなりと言いますかよく言われている衝撃的なニュースがAFP時事より流れました。

    AFP時事って何?

    と、思われる方もおられますよね。

    AFPとはフランスの国営通信社のことです(L'Agence France-Presse、略称:AFP)。
    時事通信がAFPの記事を翻訳して国内に配信する場合、クレジットが「AFP時事」となといった仕組みです。


    さて、報告内容は英医学雑誌(医学論文誌)に掲載されました。

    AFP時事が発表した記事を掲載したいと思います。





    【AFP=時事】
    最も入手しやすい抗うつ剤は、深刻なうつ病を患う子どもや10代の若者に対して効果がなく、一部は安全でない恐れもあるとする研究論文が9日、発表された。

     英医学誌ランセット(Lancet)に掲載された論文によると、有効成分を含有しない偽薬と比較した際、より高い抗うつ作用がみられたのはフルオキセチンのみだったという。

     一方、ベンラファキシンは、偽薬や5種類の他の抗うつ剤と比べて、自殺願望や自殺衝動のリスク増加と関連性があると指摘した。

     さらに、これらの薬剤が若者に及ぼす影響について適切に計画された臨床試験が十分に行われていないと警告。国際研究チームは、若者が抗うつ剤を服用する場合、特に治療を開始したばかりの時期には、薬の種類を問わず若者から目を離さないよう勧告した。

     論文によると、抗うつ剤を服用している子どもや10代の若者の割合は、2005年から2012年の間に、米国では1.3%から1.6%に、英国では0.7%から1.1%に上昇したという。

     研究では、9~18歳までの5260人を対象に行われた34件の臨床試験を調査した。【翻訳編集】 AFPBB News













    抗うつ剤がの名前が2種類挙がっていますので、それぞれ説明したいと思います。

    ・ベンラファキシン(Venlafaxine)
    SNRIに分類される抗うつ剤です。商品名はイフェクサーで知られています。 1993年に米国でワイス(現ファイザー製薬)が発売しました。

    ・フルオキセチン (Fluoxetine)
    SSRIに分類される抗うつ剤です。商品名プロザック としてアメリカのイーライリリー社から発売されました。




    SSRIもSNRIもまあもう市場に出回って10年以上も経過しますが、私的には三環系や四環系などとついつい比較してしまうので、まだまだ新しい部類の薬剤だと認識しています。

    特に、SSRIは副作用の”攻撃性”が問題になっています。
    殺人事件のとの因果関係が否定できないケースが数多くあること、皆さんご存じだと思います。











    2015年12月に厚労省が発表したうつ病などの「気分障害」患者数は過去最多の111万人(推定)


    しかしながら、私も、皆さんも、また医師も疑問を持っています。

    「なぜに近年になってうつ病などが増加傾向にあり、かつ、なかなか完治しないのか…」と。



    今回、ランセットに掲載された論文は、こどもや10代の若者を対象にしています。

    確かに低年齢でもうつ病を発病するケースはあると思います。

    今ではネットが普及していますし、また、学校での周囲とのコミュニケーションが難しいことも事実です。

    しかし、この近年の若者・こどものうつ病とゆうのは本当のうつ病ではなく低血糖症ではないかと私は考えています。

    遺伝的なものも考えられますが、やはり食べ物に原因があると見ています


    昔に比べるとかなり土壌は痩せ果て、穀物・野菜・果物から摂取出来るビタミンやミネラルは減少の一途をたどっています。

    そして、溢れる”ジャンクフード”です。

    巨大なジャンクフード店に足を踏み入れてみてください、そこは中高生の溜まり場となっています。






    私が低血糖症治療中、仕方なく睡眠障害が残存し心療内科を受診していました。

    そこにはお母様に連れられて本当に小さなこどもがたくさん受診されていました。

    それは今も変わらない光景だと思っています。

    何よりこのような論文が存在しているのですから。

    私はいつも思っていました、「こんな小さな子がうつ病か何かしらの精神疾患になる可能性などあるのだろうか」と。


    今でも確信しています、心療内科の待合室で何時間も待たされておられる患者様の90%は低血糖症であると。


    それは千葉のマリヤ・クリニックのデータからも簡単に憶測できる事実ではないでしょうか。
    (マリヤ・クリニックのデータはこちらの記事をご参考ください)










    ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート「大」
    あなたを助ける!!ホエイプロテインピュアアイソレート



    ↓Amazonならあなたの探しものきっと見つかる





    カスタム検索





    ↓クリックしていただけると、とても励みになります。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ  
    にほんブログ村























    スポンサーサイト



    プロフィール

    相田ヒロキ

    Author:相田ヒロキ
    性別:男
    血液型:A

    大学院修了後、大手外資製薬会社にて安全性管理に関わる仕事に従事。現在、調剤薬局に勤務し日々奮闘中。栄養医学を勉強して10年以上になる。
    スポーツカーをこよなく愛する薬剤師。
    写真は若かりし頃、愛車Z32で伊豆・天城峠にて。

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
    にほんブログ村

    最新記事
    お知らせ
    多事多端な時は、ブログの更新もコメントへの返信も遅れることがありますが、ボチボチとお付き合いください。
    カテゴリ
    原因・低血糖症・栄養療法・サプリメント (2)
    その他おすすめサプリメント (2)
    精神疾患のほとんどが低血糖症 (1)
    低血糖症の記事が朝日新聞に掲載されました! (1)
    AKB岡田奈々さんの告白「機能性低血糖症と診断されました。そこから摂食障害、過食、嘔吐を引き起こしました」 (1)
    低血糖症と精神疾患治療の手引~必携書籍 (1)
    抗うつ剤、子どもや十代の若者らに効果なし~フランスの報告(2016/06/09) (1)
    「うつ病」は薬を売るための病名だった!?実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている「薬漬け社会」のタブーを斬る~ある医師の告発(2016/06/19) (1)
    乱用処方薬トップ5(2015年度)~東京大学などが全国の精神科医療施設を調査・報告書提出 (1)
    睡眠薬や抗不安薬44種類「規定量で薬物依存の恐れ」(2017/03.21) (1)
    過量服薬の原因薬剤トップ10(2016/09/07) (1)
    5-20歳ではSSRI/SNRI/三環系の服薬で糖尿病の発病リスク上昇~米国メリーランド大学が報告 (1)
    治療のためその他の支出をおさえよう (1)
    自分の体の栄養状態を知ろう (1)
    運動は必須です! (2)
    ウォーキングは朝が効果的です! (1)
    食事をきちんと摂っていますか? (1)
    実は…感情を安定化させる基礎処方ってあるんです!うつ・不安・キレるを治す! (1)
    サプリを摂っても改善しないのですが (4)
    食べ方を工夫しよう (1)
    GI値に気を配ろう (1)
    果物の食べ方 (1)
    生活リズム・補食のタイミング (2)
    ストレスに注意! (1)
    カフェインは避けましょう (1)
    アルコールとタバコは止めましょう (1)
    栄養療法は山あり谷あり (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は確かに存在するのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】睡眠障害に対処する (5)
    ①プロテインは最も優れた睡眠薬! (1)
    ②意外と知られていないビタミンB6の脳への作用! (1)
    ③自律神経訓練法 (1)
    ④ヒーリングCD (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法にも弱点がある (1)
    【長引くうつ病改善】過度の糖質制限食はかえって危険 (1)
    【長引くうつ病改善】お菓子は厳禁です! (1)
    【長引くうつ病改善】胃にプロテインが合わない (1)
    【長引くうつ病改善】おならが出ます (1)
    【長引くうつ病改善】腸内環境を整えよう (0)
    【長引くうつ病改善】筋肉をつけよう (0)
    【長引くうつ病改善】身体は改善したがやる気が出ないのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】ストレスに強くなるにはどうすればいいですか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病に認知療法で7割が改善~慶応大学グループが報告(2017/03/27) (1)
    【長引くうつ病改善】漢方薬~柴胡加竜骨牡蠣湯 (2)
    柴胡加竜骨牡蠣湯はAmazonでも購入できますか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は風邪のように"簡単に治る"ものではない (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法の悪徳クリニックに注意! (1)
    【長引くうつ病改善】精神科医を疑え!! (3)
    うつ・認知症・統合失調症の薬の真実~医師が告白「危険な副作用がある。でも病気は治りません」一度ハマったら抜け出せない薬漬け生活(2016/07/11) (1)
    軽症うつが薬は効かない?うつ病治療の落とし穴(2016/07/19) (1)
    【長引くうつ病改善】症状が改善したら甘い物を食べてもいいですか? (1)
    うつ病と誤診されやすい疾患 (1)
    【長引くうつ病改善】副腎疲労とは何ですか? (1)
    食べ物 (1)
    プロテイン (1)
    諸症状 (2)
    運動 (1)
    漢方薬 (2)
    ご質問のコーナー (5)
    うつ病ニュース (2)
    お知らせ・その他 (4)
    Ad
    月別アーカイブ
    ご訪問者数
    FC2カウンター
    いつもお待ちしております
    あなたを助けるプロテイン!
    必携書籍
    良質安価なプロテイン!
    かしこく買取!
    amazon.co.jp
    ★amazon.co.jp★
    楽天
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ブロとも申請フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    広告