先日、今回の記事のタイトルについて質問をいただきました。

    【ご質問内容】
    こんにちは。うつ病と診断されいつになっても治りません。相田さんのこのブログを見てからすすめてくださっている、
    ファインラボホエイプロテインピュアアイソレートと必須ビタミンとミネラルを飲んで6ヶ月が経ち大分と症状が軽快しました。

    有り難うございます!

    ところで質問なのですが、このファインラボホエイプロテインピュアアイソレートと言いますか、一般的に、プロテインの1日の摂取量のMAXを教えていただけないでしょうか?

    飲み過ぎると体に害が出ることってありませんか?











    <ご質問への回答>
    いつも『薬剤師が実践・解説する! 長引くうつ病の治し方教えます』を見ていただいて有り難うございます。

    長引くうつ病の正体は低血糖症ですので、低血糖症の治療の観点に立って回答させていただきます。



    先ず、わたくし相田が経験したことを書きたいと思います、説得性があると思いますので。

    本ブログのトップページで、私が「うつ病ドリル」とゆうサイトで低血糖症といった疾患を初めて知った事を記載しております。

    このサイトに「うつ病回復マニュアル」といった項目がありまして、サイトの管理人さんがおすすめしていた、あの「ザバスウエイトダウン」を摂ってしました。
    長引くうつ病 - プロテイン・ザバスウェイトダウンは飲んではいけません 人工甘味料に注意!」の記事でも詳しく書きましたが、当初は砂糖が、そして現在は人工甘味料が含まれています。
    低血糖症で砂糖断絶は鉄則です。
    今思えば、本当に悔しいです、治療で一番重要なタンパク質(プロテイン)を摂ると同時に、摂ってはならない砂糖を同時に身体の中に入れてしまっていて、症状が改善しない原因となったからです。

    ザバスウェイトダウン

    ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g






    現在、「うつ病回復マニュアル」は少し手が加えられ内容が修正されているようです。

    プロテインの摂取量に関しては以下のような記載があります。


    ・大豆プロテインなら20グラム(たんぱく質豊富な食事をする時)~38グラム(たんぱく質が少ない食事をする時)

    ・長時間型ホエイプロテインなら上記の7割程度の量
    (うつ病ドリルより抜粋)



    私が昔読んだときは、「プロテイン30g」と記載がありました。

    よって、ザバスウエイトダウンを朝食時、昼食時、夕食時に30gずつ、計90g/日を摂取していました。

    すると1ヶ月で肝機能検査値(GPT, GOT, γ-GTP)がポンっと基準値を超えてしまいました



    確かに、肝機能(臓器一般)には個人差があります。

    しかしながら、1日に90gのプロテインを摂ることは身体に、主に肝臓に負担をかけることになります。

    もう少し詳しく説明すると、肝臓への負担は、

    ホエイプロテイン>大豆プロテイン

    になります。

    なぜ、上記のような図式になるかと言いますと、消化・吸収時間の理由によるものです。

    ホエイプロテインの消化・吸収時間は約1時間、大豆プロテインのそれは2~3時間と言われています。

    消化・吸収時間が早ければ早いほどそれだけ肝臓が素早く処理をしているわけで、肝臓とゆう臓器に「喝(かつ」を入れているのです。

    また、なぜ肝臓の値が上昇したのかも説明します。



    肝臓の主な役割は「解毒」作用です。

    身体に異物が入ってくると、その全ては肝臓を通過し、肝臓がその解毒作用を発揮します。

    アルコールはもちろんのこと、食物もそうです。これら口に入ってくるもの全ては異物になります。

    唯一、異物にならないのは「水」くらいなものでしょう。

    それではなぜ水は異物にならないのか?


    人類(哺乳類)の遠い祖先は水(海水)から進化を遂げています。

    なのでヒトの身体の80%は水から成り立ち、そして海水の成分である「塩(ナトリウム)」がどうしても生きていくには不可欠なのです。

    進化の過程ゆえに、ヒトは常に水を飲み、塩分を摂らなければ生きていけないのです。












    少し話がそれてしまいましたが、私はプロテインの1日の摂取量のMAXはおおよそ60~70gくらいと考えています

    千葉のマリヤ・クリニックの栄養管理士の方に、治療開始時に一度同じような質問をしたことがあります。

    回答は、「プロテインはいくらでも摂ってください!」でした。

    これを聞いて、いい加減な栄養指導をしていると感じた経験があります。



    60~70gとゆうのはあくまでもわたくし相田が自分で試行錯誤しながら見つけ出した量です。

    個人差は確かにありますので、この量で肝臓に負担がかかる方はおられると、またまったく負担にならない方もおられると思います。

    ですから、できれば、定期的に血液検査を行っていただけたらと思います









    ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート「大」
    あなたを助ける!!ホエイプロテインピュアアイソレート





    ↓Amazonならあなたのお探しものきっと見つかる






    カスタム検索





    ↓クリックしていただけると、とても励みになります。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ  
    にほんブログ村















    スポンサーサイト
    【ご質問内容】
    大豆プロテイン、「明治製菓 ザバスウェイトダウン」を知りました。このプロテインでもうつ病治療の効果が期待できますか?
    P.S. うつ病ドリルとゆうサイトでこのプロテインを知りました。


    ザバスウェイトダウン 











    <ご質問への回答>
    いつも『薬剤師が実践・解説する! 長引くうつ病の治し方教えます』を見ていただいて有り難うございます。

    長引くうつ病の正体は低血糖症ですので、低血糖症の治療に関しましてコメントさせて頂きます。



    わたくし相田は、低血糖症と診断される前にうつ病ドリルのサイトに行き着いた事は他の記事で書いております。

    値段も手頃で、何と言ってもヨーグルト風味といったその”飲みやすさ”に惹かれました。

    うつ病ドリルによれば、毎食事に20g(合計60g/日)を飲んで下さいとあります。



    1年くらいは続けて飲んでいたと記憶しています。

    ただ、一向に症状が改善しなかったので、「プロテインなんて飲んでも効果無いな・・・」と感じていました。

    それから直ぐに、新宿溝口クリニックで採血しデーターの結果が届いたところ、「低血糖症」と診断され、治療マニュアルも同時に届いたので目を通すと、「砂糖断絶」と記載がありました。

    そして直ぐさま飲んでいたザバスウェイトダウンの成分表を確認したところ、な、なんと”砂糖”の文字がありました

    これには大きなショックを受けました。

    治療の目的で改善を望んで続けて飲んでいたものが実は害のあるものであったと判明したからです。

    だから当然のこと、低血糖症の症状は改善しなかったわけです。




    それからもう一点。

    プロテインの1日の摂取量です。

    うつ病ドリルが言っている60g/日を飲んでいたら、全ての肝機能検査値(GOT, GPT, γ-GTP)が全て基準値を超えてしまいました。

    ですから、後に受診した千葉のマリヤ・クリニックの柏崎先生がおっしゃった1日の摂取量30gが適量であることが十分理解できました。












    現在、明治製菓のザバスウェイトダウンの成分は少し改良が加えられ、砂糖が除去されたかわりに”人工甘味料”が含有されています。

    その含有量は21gあたり0.9gです。

    人工甘味料は炭水化物です。

    また、大豆由来の炭水化物も含まれるので、0.9よりも若干少ない値になると思います。






    本記事のタイトルは、「長引くうつ病 - プロテイン・ザバスウェイトダウンは飲んではいけません 人工甘味料に注意!」です。

    それではなぜ飲んではいけないのでしょうか?



    それは、人工甘味料は血糖値に影響を及ぼすからです


    人工甘味料が血糖値を上昇させる事は1980年代から論文で発表されるようになりました。

    特に有名なのが、ボストン大学のバーバラ コーキー博士のグループの研究発表です

    動物実験の結果として人工甘味料に反応して、すい臓からインスリンが分泌されることを報告しました

    (すみません、以前、どこかのサイトでうまく上記の論文をまとめていたのですが削除されており、皆様が閲覧出来ないのが残念です)







    ザバスウェイトダウンの味は本当に美味しいです。

    それは当然のことです、なぜなら砂糖の~100倍くらいもの甘さを持つ人工甘味料が含有されているからです

    カロリー的には問題ありません、砂糖ではないのですから

    しかしながら、人間の味覚(動物の味覚)は正確で、甘さには敏感に反応してしまうのです。

    私が製薬会社勤務時代に所属していた部署に優秀な医師がいたのですが、「味覚は焼いても煮ても残ってしまう」とおっしゃっていました。




    ですから、ザバスウェイトダウンを飲む度に血糖値が上昇し、あなたの身体の膵臓が反応しなければならないのです。

    更に膵臓に負担を掛けることになります。

    だからザバスウェイトダウンは飲んではいけないのです。


    これはザバスウェイトダウンに限ったことではありません。

    他のプロテインも同様です。

    トップ記事にも記載していますが、必ずプレーン味を選ぶようにしてください。

    たとえ、フレーバーだとしても血糖値に影響を及ぼす可能性があるので絶対に避けてください。




    そして口に入れる物を何か購入する場合は、”その成分表を必ず見てチェックする”といった習慣をつけるように心掛けてください。










    ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート「大」
    うつからあなたを助ける!!ホエイプロテインピュアアイソレート





    ↓Amazonならあなたの欲しいもの見つかる







    カスタム検索





    ↓クリックしていただけると、とても励みになります。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ  
    にほんブログ村














    【ご質問内容】
    相田さんのこのブログを見て治療をはじめて3ヶ月程経ちます。仕事を持っています。どうしても疲労感が強い日はアリナミンなどの滋養強壮剤を服用してもいいでしょうか?




    <ご質問への回答>
    いつも『薬剤師が実践・解説する! 長引くうつ病の治し方教えます』を見ていただいて有り難うございます。

    実はわたくし相田もプロテインが飲めずアミノ酸に代替して治療を続けていた頃、なかなか十分に身体がエネルギーを生成してくれなくて同じ様な問題を抱えていました。



    今までの医療従事者として培った知識・経験をもとに、100%の確証はないももの自分で試してみたりしました。


    さて、わたくし相田が取った行動に興味がおだりだと思います。


    プロテインをしっかりと摂り、ビタミンB群を中心にその他サプリメントを飲むことからはじめましょう。

    プロテインは低血糖症(=長引くうつ病)を治療する上で最も重要な栄養素であることは、口が酸っぱくなるほど申し上げています。

    そ・の・う・え・で、アリナミンなどの滋養強壮剤を服用していいかどうかをお答えします。




    答えは、「Yes」です。






    一般の薬店で売られている皆さんご存じの「アリナミンA」は”フルスルチアミン”とゆうビタミンB1誘導体が主薬です。その他、ビタミンB2・B6、パントテン酸カルシムウム※も配合されています。 (※ビタミンB5のこと)
    フルスルチアミンって何?と思われますよね。


    『 ビタミンB1は健康を維持するために欠かせない栄養素です。しかし、普段の食事では壊れやすく腸管から吸収されにくいとゆう弱点があり、これを克服するのがフルスルチアミンです。腸管からよく吸収されて筋肉や神経の組織にいきわたり、身体の中で役立つ型のビタミンB1となって効果を発現し、疲れにすぐれた効果を発揮します。


    アリナミンA 270錠


    【第3類医薬品】アリナミンA 270錠



    120錠の製品もありますが、断然250錠を購入した方がお得です。







    あと、病院へ行って処方箋を書いてもらう手もあります。

    その時は、「アリナミンF」と言って下さい。「A」と「F」があるので間違わないで下さい。

    アリナミンAとアリナミンFの違いは、前者にはその他ビタミンBが含有されていますが、後者はフルスルチアミンのみが含有されています。

    あと、アリナミンFにはジェネリック医薬品もありますので、更に安価に入手することが出来ます。


    アリナミンF糖衣錠 

    アリナミンF糖衣錠











    私が、「これはほんと身体が楽になる」と感じたのはスッポンです。

    スッポンと聞いて連想されるのは、男性の機能の亢進剤のようなものと思われます。

    まあそれもある意味正しいとは思いますが、そ・の・て・の商品には主にマカやその他精力剤が含有されています。

    私がおすすめするのは純粋なスッポンの粉末、”スッポン末”です。



    スッポン末とはアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、古来中国で病中・病後に秘薬として使用されていたものです。

    当に、低血糖症で弱った身体をサポートしてくれる特効薬のようなものです(これは少し言い過ぎかも・・・?!)

    ただ値段は少し高価になります。

    それに、私がいつも購入していた薬局がもうスッポン末を販売しなくなったのでご紹介が出来ません、大変申し訳ないです。




    Amazonで探してみました。

    粉末をカプセルにしたものが主流のようです。

    良さそうな商品を紹介しておきます。

    すっぽん粉末 100%(60粒入) 6パックセット

    すっぽん粉末 100%(60粒入) 6パックセット









    基本はプロテインを十分に摂ること、そして休養することです。

    そして自分で少しオーバーワークだな・・・と感じたときに「補助的」にアリナミンやスッポン末を服用してください。
    有職者の方であればさっと帰宅する準備に是非とも入っていただきたいと思います。














    ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート「大」
    あなたを助ける!!ホエイプロテインピュアアイソレート





    ↓Amazonならきっとみつかる、あなたに合ったスッポン末(すっぽん末)










    ↓クリックしていただけると、とても励みになります。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村 にほんブログ村

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ  
    にほんブログ村
    プロフィール

    相田ヒロキ

    Author:相田ヒロキ
    性別:男
    血液型:A

    大学院修了後、大手外資製薬会社にて安全性管理に関わる仕事に従事。現在、調剤薬局に勤務し日々奮闘中。栄養医学を勉強して10年以上になる。
    スポーツカーをこよなく愛する薬剤師。
    写真は若かりし頃、愛車Z32で伊豆・天城峠にて。

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
    にほんブログ村

    最新記事
    お知らせ
    多事多端な時は、ブログの更新もコメントへの返信も遅れることがありますが、ボチボチとお付き合いください。
    カテゴリ
    原因・低血糖症・栄養療法・サプリメント (2)
    その他おすすめサプリメント (2)
    精神疾患のほとんどが低血糖症 (1)
    低血糖症の記事が朝日新聞に掲載されました! (1)
    AKB岡田奈々さんの告白「機能性低血糖症と診断されました。そこから摂食障害、過食、嘔吐を引き起こしました」 (1)
    低血糖症と精神疾患治療の手引~必携書籍 (1)
    抗うつ剤、子どもや十代の若者らに効果なし~フランスの報告(2016/06/09) (1)
    「うつ病」は薬を売るための病名だった!?実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている「薬漬け社会」のタブーを斬る~ある医師の告発(2016/06/19) (1)
    乱用処方薬トップ5(2015年度)~東京大学などが全国の精神科医療施設を調査・報告書提出 (1)
    睡眠薬や抗不安薬44種類「規定量で薬物依存の恐れ」(2017/03.21) (1)
    過量服薬の原因薬剤トップ10(2016/09/07) (1)
    5-20歳ではSSRI/SNRI/三環系の服薬で糖尿病の発病リスク上昇~米国メリーランド大学が報告 (1)
    治療のためその他の支出をおさえよう (1)
    自分の体の栄養状態を知ろう (1)
    運動は必須です! (2)
    ウォーキングは朝が効果的です! (1)
    食事をきちんと摂っていますか? (1)
    実は…感情を安定化させる基礎処方ってあるんです!うつ・不安・キレるを治す! (1)
    サプリを摂っても改善しないのですが (4)
    食べ方を工夫しよう (1)
    GI値に気を配ろう (1)
    果物の食べ方 (1)
    生活リズム・補食のタイミング (2)
    ストレスに注意! (1)
    カフェインは避けましょう (1)
    アルコールとタバコは止めましょう (1)
    栄養療法は山あり谷あり (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は確かに存在するのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】睡眠障害に対処する (5)
    ①プロテインは最も優れた睡眠薬! (1)
    ②意外と知られていないビタミンB6の脳への作用! (1)
    ③自律神経訓練法 (1)
    ④ヒーリングCD (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法にも弱点がある (1)
    【長引くうつ病改善】過度の糖質制限食はかえって危険 (1)
    【長引くうつ病改善】お菓子は厳禁です! (1)
    【長引くうつ病改善】胃にプロテインが合わない (1)
    【長引くうつ病改善】おならが出ます (1)
    【長引くうつ病改善】腸内環境を整えよう (0)
    【長引くうつ病改善】筋肉をつけよう (0)
    【長引くうつ病改善】身体は改善したがやる気が出ないのですが… (1)
    【長引くうつ病改善】ストレスに強くなるにはどうすればいいですか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病に認知療法で7割が改善~慶応大学グループが報告(2017/03/27) (1)
    【長引くうつ病改善】漢方薬~柴胡加竜骨牡蠣湯 (2)
    柴胡加竜骨牡蠣湯はAmazonでも購入できますか? (1)
    【長引くうつ病改善】うつ病は風邪のように"簡単に治る"ものではない (1)
    【長引くうつ病改善】栄養療法の悪徳クリニックに注意! (1)
    【長引くうつ病改善】精神科医を疑え!! (3)
    うつ・認知症・統合失調症の薬の真実~医師が告白「危険な副作用がある。でも病気は治りません」一度ハマったら抜け出せない薬漬け生活(2016/07/11) (1)
    軽症うつが薬は効かない?うつ病治療の落とし穴(2016/07/19) (1)
    【長引くうつ病改善】症状が改善したら甘い物を食べてもいいですか? (1)
    うつ病と誤診されやすい疾患 (1)
    【長引くうつ病改善】副腎疲労とは何ですか? (1)
    食べ物 (1)
    プロテイン (1)
    諸症状 (2)
    運動 (1)
    漢方薬 (2)
    ご質問のコーナー (5)
    うつ病ニュース (2)
    お知らせ・その他 (4)
    Ad
    月別アーカイブ
    ご訪問者数
    FC2カウンター
    いつもお待ちしております
    あなたを助けるプロテイン!
    必携書籍
    良質安価なプロテイン!
    かしこく買取!
    amazon.co.jp
    ★amazon.co.jp★
    楽天
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ブロとも申請フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    広告